心の病気として知られるうつ病~本格的な治療で早めに改善~

発症リスクと治療への道

レディ

発症しやすいタイプ

人間は誰でもさまざまな出来事と出会いますから、長く生きていく中で気分が落ち込んだりすることは何度もあるものです。ショックな出来事や身近な人の死以外にも、試合に負けたとか試験に落ちたとか、落ち込む理由も人によってそれぞれ違います。それも普通は一時期のことで、忙しい毎日を送っているうちにはいつのまにか立ち直っているものです。うつ病になると気分の落ち込んだ状態が長く続いてしまいます。そうなった原因がはっきりしているケースもあれば、特に理由もないのに気分が落ち込むケースもあります。その状態が概ね2周間以上続く場合にうつ病が疑われてくるのです。うつ病の症状は気分の落ち込みだけとは限りません。それまで生きがいにしていた趣味が楽しめなくなることもその1つです。何事にも集中できなくなり、意欲を失うという例もあります。慢性的な疲労感や食欲不振・不眠を訴える人もいます。そうした症状が気分の落ち込みと合わせて見られる場合に、うつ病と診断されるのです。うつ病という病気はそれほど珍しくありません。誰でもうつ病になる可能性はありますが、発症しやすいタイプの性格というものが知られています。どちらかと言うと真面目で几帳面な性格の人は要注意です。責任感が強い人や、絶えず周囲に気配りをしているような人にも発症リスクがあります。人一倍傷つきやすい繊細な性格で、周囲の目が気になるという人の発症例も最近では増えてきました。そうした性格をしているからと言って、必ずしもうつ病を発症するとは限りません。発症に至るまでには環境その他のさまざまな要因が複雑に関わり合いながら、長い時間をかけて徐々に心の状態を悪化させていくものと考えられています。

手厚いケアと信頼性

うつ病が重症化すると、普通の日常生活を送ることさえ困難な状態に陥ります。情緒が不安定になり、強い自責の念に駆られて死を願ったりする人さえいます。うつ病になると脳内で分泌されている神経伝達物質の量が減少し、その影響でさまざまな症状が表れます。この病気を自力で自然治癒させることはほとんど不可能ですから、治すには病院に力を借りなければなりません。幸い今ではうつ病の治療方法が確立しています。心療内科か精神科を受診することによって治療への道が開けるのです。本人が自分1人で受診するのが困難な場合は、家族の方が付き添うといいでしょう。うつ病の発症には人間関係の問題も深く関わっていることが多いものです。そうやって周囲の人たちが支えてくれれば、治療にもそれだけ前向きに取り組むことができます。心療内科や精神科では、一度診断を下して薬を出せばそれでおしまいということは決してありません。この病気がすぐに治らずある程度の時間をかけてじっくりと治していく必要があるということを、医師は誰よりもよく知っています。多くのケースでは定期的に通院することになりますが、患者が希望する場合や医師が必要と判断した場合は入院することもあります。病院やクリニックでは投薬治療の他、必要に応じて心理療法を実施することによってうつ病の症状改善を図っていきます。それらの治療方法は長期的な視点に基づいており、言わば手厚いケアを病院側が約束してくれるようなものなのです。うつ病治療のプロが集まった病院やクリニックを信頼し、医師の指導に従って治療を続けていればうつ病は必ず良くなります。そうやって多くの患者がうつ病を克服してきたのです。