心の病気として知られるうつ病~本格的な治療で早めに改善~

ストレスがもたらす疾患

笑顔の男性

うつ病は、精神的、または身体的に様々な影響を与えてしまう病気です。その症状の特徴上自分では気付きにくく、放置してしまうと悪化して日常生活に影響を及ぼしてしまう場合もあります。そのため、少しでも異変を感じたらすぐに病院へ行き、適切な治療を受けることが大切です。

More Detail

心の病気を治すなら

2人の女性

専門家の診察が大事

心の持ちようでは治しようがなく、専門的な知識を使っての治療を推奨されているのが、うつ病という精神的な症状です。現在では書籍やネット上で簡易チェックをおこなえますので、自身にうつ病の疑いがあるのならば、まずはそちらを利用して確認してみましょう。もし、うつ病の可能性が高いとなったのなら、病院の精神科に訪れて本格的な診察を受けることが大切になります。うつ病に似た症状を持つ病気も色々ありますので、必ず専門家のお医者様に診てもらって病名の診断をしてもらいましょう。早い段階でうつ病の治療を始めれば、長引かずにしっかりと完治できます。しかし、通院先のお医者様の方針があわないと感じたのならば、セカンドオピニオンを求めると良いでしょう。主治医以外に相談をするのは良くないことだという風潮がありますが、現在ではセカンドオピニオンという言葉が一般的になっていますので、それほど気にする必要はありません。しかも、うつ病の症状には不安感もありますので、そのことを分かっているプロの精神科のお医者様なら理解を示してくれるでしょう。そして、セカンドオピニオン先のお医者様の方針も同じでしたら、それは的確な治療だという証明にもなりますので、安心してそのままうつ病の治療を続けられます。病院に通うのが嫌になって治療を勝手に中断してしまうのが、うつ病にとって一番良くないことです。そうならないためにも遠慮などはしないで、自身のうつ病を治すことだけを考えてお医者様選びをしましょう。

適切な薬を処方してもらう

うつ病の治療をおこなうために病院に通う一番大きなメリットといえば、診断後に適切な薬を処方してくれることです。うつ病といっても個人個人で症状が違うのに加えて、同じ人間でも症状の軽い重いや進行度具合でも薬の種類や量が変わります。そういった状況をきちんと判断して、そのときに応じた薬を処方をしてもらえるのはとてもありがたいことでしょう。処方してもらった薬を時間と量を守って摂取すれば、気分が楽になりうつ病も回復へと向かいます。また、病院によっては薬の処方以外にも、特別なプログラムを提供してくれるところもあります。それは主に社会復帰や職場復帰に向けたプログラムなので、誰かの力をかりたい方は利用を考えてみましょう。うつ病という症状をきちんと理解した方が力になってくれるプログラムなので、無理なく社会復帰や職場復帰に挑めます。ただし、これらのプログラムを利用する場合には、提供している病院を前もって選んでおかなければいけません。プログラムの情報は病院の公式ホームページに載っていますので、通う病院を決定する前に調べておきましょう。そして、カウンセラーの紹介をおこなっている病院もあります。精神科にはカウンセリングというシステムはありませんので、話を聞いてもらって問題を解決したい方は主治医に相談をしてみましょう。なお、カウンセラーの紹介をしてもらえなかったときには、自身で探すこともできます。ただし、カウンセラーへの相談が決まった場合には、より良い治療のためにも主治医に知らせるべきです。

自分でできる予防法

女の人

うつ病は精神の風邪というようなものではなく、毎日つらい症状を抱えてしまう精神的な病です。特別な人がなるものではなく誰にでもかかってしまう可能性があるもので、特にかかりやすい人では几帳面な人や神経質な人があげられます。

More Detail

発症リスクと治療への道

レディ

うつ病は誰にもでもなる可能性のある病気ですが、発症しやすいタイプの性格も知られています。真面目で責任感が強く、周囲に気配りをする人は要注意です。万が一うつ病になっても、今では治療法が確立されています。心療内科か精神科を受診すれば、病院スタッフによる手厚いケアによってうつ病を治すことも可能なのです。

More Detail